古典

スポンサーリンク
国語勉強法

大学共通テスト古典の分析&対策(センター及びプレテストの古文を比較)

みなさん、こんにちは。共通テストに向け勉強されていますか?いよいよ共通テスト開始ですね。 さて、今回は、共通テストにおける古典についてどのように対策をしていけばいいのか、という事を2回のプレテストの古文および現行のセンター試験...
入試によく出る古文問題

大学入試古典で出題される文学史【国立大学編】

今回は、国立大学で出題された古典の文学史について問題を集めました。 気軽に解いて行きましょう いかがだったでしょうか? 「2021年受験用 全国大学入試問題正解 国語(国公立大編)」...
入試によく出る古文問題

古典の文学史入試問題【古典・私立大学編】

こんにちは。 文学史についてなかなかまとめて勉強する機会は時間と手間がかかると思います。そこで、今回は私立大学にしぼって文学史の入試問題を出題してみました。 この機会にしっかりと覚えていきましょう! ...
古典文法(敬語)

古文の丁寧語の補助動詞と本動詞【受験に役立つ古文の敬語】

こんにちは。古文の敬語の中の丁寧語について解説をします。古文の丁寧語は敬語の動詞をチェックしていくので、本動詞と補助動詞をチェックしていきます。 そもそも、丁寧語とは、話者が話し相手に対して直接に敬意を表する表現を指します。古...
古典文法(動詞)

【受験に役立つ古文】実はこんなに簡単⁈古典文法「四段活用」について

みなさん、こんにちは!古典の勉強を始めて最初に習うのが動詞の活用です。中でも四段活用は基礎中の基礎と言えます。四段活用分かっていますか?? たかし君やばい、全然わからない… 先生安心して下さい!四段活用はいくつか...
入試によく出る古文問題

古典文法の識別問題(らる・べし・む・まじ)【大学受験の古文】

みなさん、こんにちは。古典の文法識別問題シリーズです。実際の入試を意識した問題を厳選していますので是非ともきちんと理解して解答してくださいね。 今回は、実験的に画像で問題を出してみました。よければコメントや質問などをいただける...
入試によく出る古文問題

【大学受験の古文】古典文法の助動詞・動詞などの識別問題(初級編10問)

みなさんこんにちは。古典の勉強をしていますか? そうですね。あまり、古典だけに時間をとることは受験政策的に難しいのではないかと思います。 そこで、このコーナーでは古文に時間の取れない受験生に演習を...
国語勉強法

【古文勉強法】古典単語と古典文法の習得方法について

みなさん、こんにちは。古典について皆さんはどういった印象をお持ちでしょうか? 別の章で古典文学について触れる機会があったかと思います。その際に、雰囲気で文章の意味を理解することも出来るといった内容があったかと思いますが、あくま...
入試によく出る古文問題

【大学受験】古文古典の総合文法クイズ(厳選10問)【必見!】

みなさん、こんにちは。 今日は古文の文法チェックテストをしてみましょう。古文の文法はなんども繰り返すことで自然と身についていきます。 打倒!!ク○ッシーやス○ディサプリでお送りします(嘘)。 ...
古典文法(助詞)

古典の係り結びの法則とは(入試出題パターンから)

みなさんこんにちは。今回は、中学や高校の古典の授業で古文を勉強し始めた人なら最初に学ぶであろう「係り結び」の法則について入試出題パターンを知りつつ勉強していきましょう。 基本的に古典文法については入試の頻出が高い助詞が「係り結...
入試によく出る古文問題

【古文・古典】係り結びの法則の問題演習

係り結びの法則の問題を作成しました。係り結びの法則は入試に頻出の範囲です。しっかりと言葉の結びをしっかりと理解して自由自在にできるよう、係り結ぼう(謎)!! ちなみに、係り結びの法則は受験には2パターンしかなく、そのパターンを...
入試によく出る古文問題

【大学受験】古文古典文法 終止形と連体形と見分け方の演習問題

古文で接続が苦手な人のために接続の問題を作成しています。今回は特に終止形接続と連体形接続との見分け方を中心に問題を作成しました。終止形接続は意外と引っかかる受験生が多いので、しっかりと実際に解いてレベルアップを図っていきましょう!!!レッツ...
古典文法(助動詞)

古文終止形接続助動詞「まじ」「めり」「なり」「らむ」「らし」「べし」について

古典文法の勉強において助動詞は中心であり、学校の教科書や参考書に載っている助動詞一覧表を頭に入れ使いこなせるレベルに持っていく必要があります。 また、そのためには1つ1つの助動詞につき接続・活用・意味という3方向から整理しなけ...
入試によく出る古文問題

古文助動詞問題演習 完了と断定の「たり」の違いを見分けちゃおう 

古文の助動詞で「たり」は完了と断定の意味があります。そしてその違いは接続によって判断されます。しっかりと判断できるよう、 たりの意味の違いの見分け方について詳しく記載してあり...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました