自然

スポンサーリンク
自然

酸性雨とは?酸性雨に関する入試問題も解説【地理B】

みなさんこんにちは。今回は酸性雨について解説していきます。 テレビなどで酸性雨という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 今回は酸性雨の原因や被害、どのような雨なのか(pHも)について解説していき...
自然

バイオマスエネルギーについて解説!【地理】

みなさんこんにちは!今回はバイオマスエネルギーについて解説していきます。私たちが生活していくのには必ずと言っていいほどエネルギーが必要です。 暑い日にエアコンをかけるのも電力というエネルギーを使っていますし、車を動かすのもガソ...
自然

自然災害について地理の視点からその種類とともに解説【系統地理・地学】

みなさんこんにちは。今回は自然災害について解説したいと思います。 なぜ社会科である地理で自然災害を学ぶの?と思う人もいるかもしれません。 でも、自然災害は地理にものすごく関係するものなんです。 世界...
自然

気候区についてその種類とともに解説【系統地理・地学】

みなさんこんにちは。今回は気候区について解説したいと思います。気候区とは、世界各地の気候特色がよく似た地域をいくつかの区域に分けたものを指します。 代表的なものとしては高校の地理では必須となっており、試験にも頻繁に出されるケッ...
自然

気候帯についてその種類とともに解説【系統地理・地学】

今回は気候帯について解説します。気候帯とは、世界各地の気候特色がよく似た地域をいくつかの区域に分けた気候区分のことを指します。代表的なものとしては別の記事にて説明するケッペンの気候区分があります。 気候帯の種類としては、熱帯・...
自然

降雨について【多雨地域、少雨地域】~山脈の風上、赤道低圧帯、梅雨前線、亜熱帯高圧帯~

みなさんこんにちは! 今回は高校地理の降雨について解説していきます。降雨と聞くと、気候の分野を主にイメージすると思います。 朝起きると雨だった時、家から出るのが億劫になりますし、私たちの生活には梅雨や台風などの地理現象が...
自然

地方風、熱帯低気圧について(フェーン現象、シロッコ、やませなどを詳しく解説!)

みなさんこんにちは!今回は高校地理の「地方風、熱帯低気圧」について解説していきます。 この分野ですが、フェーン現象やシロッコ、やませなどの地方風だけでなく、熱帯低気圧である台風や前線を伴わない低気圧など、種類がありすぎて覚えら...
自然

風について(季節風とは、夏の季節風、冬の季節風、偏西風、貿易風、極東風)【系統地理B】

みなさんこんにちは!今回は「風」について解説していきます。地理には多くの風が出てきます。季節風、偏西風、貿易風、極東風、、といったところでしょうか。 風は気温などと違って、あまり身近に感じられない方が多いのではないでしょうか。...
自然

気圧帯(熱帯低圧帯、中緯度高圧帯、亜寒帯低圧帯、極高圧帯)を徹底解説!【系統地理B】

今回は地理の「気圧帯」について解説します。気圧帯は気温と違って体感しにくく、実感がわきにくい分野だと思います。 そのため、学習する際にイメージが湧かなくてうまく内容をつかめない、ということもあるのではないでしょうか。 ...
自然

【系統地理】洪積台地、河岸段丘、海岸段丘 (各々のでき方や土地利用など)について解説

みなさん、こんにちは。今回の【地理B】では「洪積台地、河岸段丘、海岸段丘」という丘のような地形について学習します。 洪積台地とは更新世(約2百万年前から約1万年前まで)に堆積作用によって形成された平坦地が、何らかの自然作用によ...
自然

【系統地理】氷河地形、カルスト地形、乾燥地形について図や代表例を用いて解説

みなさん、こんにちは。今回の【地理B】では「氷河地形、カルスト地形、乾燥地形」について学習します。これらの地形は非常に長い期間をかけて自然現象がつくり出した地形で、非常に風光明媚なものも多いです。 氷河地形とは、氷河が侵食・堆...
自然

【系統地理】海岸地形(沈水海岸や離水海岸などの海岸地形や砂丘)を図や例を用いて解説!

みなさん、こんにちは。今回の【地理B】では「海岸地形」について学習します。 海岸地形とは、海岸付近において海の営力(波浪、沿岸流、潮流)によって形成される地形のことを言います。その種類には様々なものがあります。 ...
自然

地理の地形(新期造山帯、古期造山帯、安定陸塊、分布、山地の地形)について【地理】

みなさん、こんにちは。今回は地理で「地形」について学習します。 地理を勉強し始めたころに習うこの「地形」の範囲ですが、案外苦手としている学生は多いと思います。主に造山帯や山地の地形について学習します。 たかしくん...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました