東京大学の英語正誤問題【2020年版】

2020年度入試

皆さん、こんにちは。

 

今日は東京大学2020年の英語の試験で正誤問題について解説をしてきます。難関なイメージがありますが、

 

正誤問題は文法力をかなり鍛えられるのでしっかりと理解していきましょう。正誤問題については早稲田大学の「【英文法】正誤問題の問題演習(早稲田大学の英語の正誤問題を集めました)」もありますので、演習問題をしたい人はそちらに挑戦するといいでしょう。

【英文法】正誤問題の問題演習(早稲田大学の英語の正誤問題を集めました)
みなさんこんにちは。 今回は、問題演習として早稲田の英語の正誤問題を集めました。正誤問題は正確な文法知識がないと解答することができない、英語の問題の中では比較的難易度が高い問題形式です。 正誤問題の演習をやり込む...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京大学正誤問題の解答解説

それでは、第一問をやっていきましょう。

 

以下の文を読んで誤りがある箇所を選びましょう。

(1) Among the various elements of (a)the natural world which in fantasy fiction become invested with mysterious powers, trees and forests particularly often (b)undergo changes which elevate them from the domain of the natural into that of the super-natural. Consequently, their appearance (c)in fantastic stories lively characters and magical woodlands strengthens the charming and exotic appeal of a story. Yet it is a misunderstanding to perceive the trees and forests of fantasy (d)as hardly anything else than amusing (e)but otherwise insignificant characters.

 

一応、和訳をするとこんな感じです。

 

ファンタジー小説において不思議な力で生み出された自然界のさまざまな要素の中で、木や森はしばしば自然の領域から超自然の領域にそれらを高める変化を受けます。 その結果、幻想的な話のいきいきしたキャラクターと魔法の森の出現は、物語の魅力的でエキゾチックな魅力を増します。 それでも、ファンタジーの木々や森を面白い以外はほとんど何もないと認識するのは誤解です。

 

それでは、解答を選んでみましょう。

(C)
文のSV関係で、主語はtheir appearance 動詞はstrengthensとなる。とすると、(c)の部分はappearanceにかかるかたちになる。前置詞inはfantastic storiesと一つのセットになりlively charactersが浮いてしまう。lively charactersの前に前置詞asなどを持ってくる必要がある。in fantastic stories as lively charactersに訂正しないといけない。

 

それでは、次の問題です。

 

(2)Various myths from across the world (a)include sacred trees which serve as a link between humankind and the divine. In other words, the tree was often associated with a particular god or, together with a sacred stone, it formed a place of worship, which was called a “microcosm,” because (b)its structure reflected the nature of the cosmos. As the sacred “upside-down tree,” whose roots were in the sky and branches reached the earth, it (c)was functioned also as a representation of the universe. Moreover, the location of the tree was often perceived as the ultimate center of reality, and the tree itself became a link between heaven and earth. (d)Because of its cycle of shedding and regrowing leaves, many cultures regarded the tree as symbol of life, and numerous myths (e)insisted that human life was connected to or, in fact, originated from trees and other plants.

 

意訳するとこんな感じでしょうか

世界中のさまざまな神話には、人類と神聖なるものとを結びつけるものとして神聖な木があります。 言い換えれば、木はしばしば特定の聖なるもの、例えば神聖な石と一緒に関連付けられていて、「小宇宙」と呼ばれた崇拝する場を形成していました。というのも、その構造が宇宙の性質を反映しているためです。根が空にあり、枝が地球に到達した神聖な「逆さまの木」は、宇宙の表現としても機能しました。さらに、木の場所は、しばしば世界の究極の中心として認識されることがよくありました。つまり、樹木自体がこの世とあの世を結びつけるものとなりました。葉を落として再成長させるサイクルのため、多くの文化は木を生命の象徴と見なし、多くの神話では人間の生命はつながっていると主張しました
たなか君
たなか君
訳がムズすぎる!!

では解答に行きましょう

(c)
動詞function(〜機能する)は自動詞なので受動態にできません。

 

それでは、次の問題に行きましょう。

(3)While some writers of fantasy fiction use fantastic trees and forests only (a) as important elements of their world-building, numerous others have recognized (b)the potential locking in the image of myths and fairy tales. As a result, in modern fantasy, trees and forests also (c)become a vessel of the divine, a space of trial and testing, a catalyst of the hero’s physical and psychological change, and an active agent in the resolution of conflict. Moreover, they are frequently (d)presented as the last trace of myth in the modern world, and their portrayal may be (e)a metaphor through which the author intends to convey an important message about humanity’s relationship with the natural world.

 

訳をしてみました。

 

ファンタジー小説の作家の中には、幻想的な木や森を世界を構築する重要な要素としてのみ使用している人もいますが、神話やおとぎ話のイメージに閉じ込められた可能性があることを認識している人もたくさんいます。 その結果、現代ファンタジーでは、木や森は、神の器、試練の空間、主人公の肉体的および心理的変化の触媒、そして紛争解決の主体となります。 さらに、それらはしばしば現代世界の神話の最後の痕跡として提示され、それらの描写は著者が人類と自然界との関係についての重要なメッセージを伝えることを意図するメタファーである可能性があります。

 

(b)the potential locking in the imageとあるが、theのあとに名詞が来ないといけないのでlockingとするとpotential lockingで「潜在的な錠前」と文脈的によくわからない形になる。そこでpotential(可能性)と判断すると、lockはpotentialにかかる形になるのでlockedにならないとおかしい。

 

次に、以下の形になります。

4) Today, many people treat our planet’s ecosystems as commodities, and (a) acknowledge only their material and practical value. Of course, forests (b)have supplied people with resources for centuries, (c)yet now, more than ever, the environment is endangered by human progress, because (d)not only does our growing population require more and more space and resources, but also we are slowly “migrating” into the cyberspace (e)where we are easy to forget about our connection with the rest of the living world.

 

答えは以下の形になります。

 

(e)
it is easy for us to forget aboutが適正。we are easy to forget aboutのみで「忘れがち」という意味になります。

 

次の最後の問題です。

(5)Fortunately, fantasy fiction – (a)the heir to the traditions of myths and fairy tales -may still (b)remind us the spiritual value of nature. In fantasy fiction, trees and forests play vital rolės and are presented as entities fundamental to the well-being of the imaginary world and its inhabitants. Staying in harmony with the natural world is (c)shown as a deeply rewarding experience, because the natural world is filled with the divine essence. Writers of fantasy fiction, such as MacDonald,Tolkien, and Lewis, (d)perceived nature religiously in their own lives and used myth (e)to convey religious sensibility towards nature to their readers.

 

解答は以下のとおりです。

(b)
remindは第三文型をとるのでremind A of Bとなる。remind us about(またはof)となるので、remind us ofthe spiritual valueとしないといけない。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

実は東京大学の問題も基本がわかっていればそれほど難しくはありません。

 

一歩づつやっていきましょう。ぜひ「東京大学(文科) (2021年版大学入試シリーズ)」で実際に問題を解いてみましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました