古文の未然形接続助動詞の識別クイズ【古典文法】

入試によく出る古文問題
スポンサーリンク

みなさん。古典文法をしっかりと理解していますか?理解したと言えるためには知識のアウトプットが必須です。今回は未然形接続を中心とした古文の助動詞接続のクイズを作りました。古文の未然形接続は受身や尊敬など複数の意味があるものなど結構大変な問題ばかりです。理解できるまで、何度もやりこみましょう。

 

古文の未然形接続の助動詞とは、この未然形接続の助動詞の前の動詞の形が未然形になって、その未然形の動詞に接続する助動詞のことを指します。古文の未然形接続の助動詞は「る」「らる」「す」「さす」「しむ」「ず」「む」「むず」「まし」「じ」「まほし」があります。意味も多様なのできちんと理解できるよう頑張ってやってみましょう。

 

それでは、早速、古文の未然形接続の練習問題をやってみましょう。できない場合は、何度も繰り返し解くのが必要です。

 

スポンサーリンク

助動詞接続クイズ

接続という視点に絞って練習をしていきましょう。文の中でカッコに入る正しい助動詞を選びましょう。

 

みなさん、どうでしたか?なかなか難しいという人もいたと思います。古文の未然形接続がわかっていない人はもう一度勉強をし直しましょう。未然形接続の解説記事はこちら

 

古典文法でオススメの本はこちら。望月の古文は初学者にとってかなり使える本です。ぜひ手にとってみてください。お疲れ様でした。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました