古典 古文助動詞 完了と断定の「たり」について

古典文法(助動詞)

古典文法において、助動詞の勉強は最重要項目であり、全て勉強を終えるのには相応の時間がかかります。また、教科書や参考書に載っている助動詞一覧表を頭に入れ、使いこなせるようになる必要があります。

 

そのためには、1つ1つの助動詞につき、接続・活用・意味の3方向から整理しなければなりません。そこで今回は3方向のうちのひとつである接続に着目し、そのなかで断定の助動詞「たりについて説明をしていきます。

 

今回の記事のポイント・断定の助動詞「たり」の活用・接続

・完了の助動詞「たり」との区別

・練習問題

 

助動詞の接続とは

そもそも接続とは何なのでしょうか。接続とは、助動詞の直前に何系の品詞が来るか、助動詞は何系の品詞と接続するかのことを言います。

 

一例を挙げると、「遊ばず」という表現があるとします。これは「遊ぶ」と「ず」がくっついた形ですね。

 

動詞の活用の種類に少し復習をしますと、動詞の活用には四段・上一段・下一段・上二段・下二段・カ変・サ変・ナ変・ラ変と9つあります。このうち、上一段・下一段・カ変・サ変・ナ変・ラ変動詞は、数が限られているので暗記が必要です。

 

残りの四段・上二段・下二段は、「~ず」をつけて「~ア」になれば四段、「~イ」になれば上二段、「~エ」になれば下二段となります。本問の「遊ぶ」は覚えなければならないものには入っておらず、「ず」をつけると「歩かず」となるので四段活用です。

 

四段活用は、あ・い・う・う・え・え、と活用しますので、「遊ば」は未然形とわかります。ここで、打消の助動詞「ず」は未然形接続の助動詞ですので、「遊ば」(四段活用未然形)+「ず」となっているのです。

 

「たり」の接続とは

では、早速「たり」について話しましょう。「たり」の接続は、連体形接続です。活用は、以下の表の通りです。

 

未然連用終止連体已然命令
たらたり(と)たりたるたれたれ

たら・たり(と)・たり・たる・たれ・たれ、です。

 

活用の型は形容動詞タリ活用型です。形容動詞について少し復習をしておきますと、形容動詞は現代語で言うと「〜な」「〜だ」と表現するものを言い、古文では「〜なり」「〜たり」と表現します。

 

活用型は「ナリ活用」と「タリ活用」の2つがあり、「ナリ活用」は、なら・なり(に)・なり・なる・なれ・なれ、と活用し、「タリ活用」は上記のように、たら・たり(と)・たり・たる・たれ・たれ、と活用します。

 

基本的には「ナリ活用」と覚えておけばよいでしょう。意味は断定(~だ・~である)です。

助動詞「たり」の断定と完了の識別

古典文法を勉強していると、識別問題というものに出くわします。識別問題とは、1つの助動詞に複数の意味がある場合にそれを見分ける問題、ないしは同じ表現が様々なところで出てくる場合(例えば「なり」であれば、断定の助動詞「なり」・伝聞推定の助動詞「なり」・形容動詞ナリ活用・動詞が考えられます)にその見分けが問題となるケースを言います。

 

そして本件の断定「たり」の識別としては、断定の連体形接続助動詞「たり」と完了の連用形接続助動詞「たり」が問題となります。ちなみに、完了の「たり」の活用も恐ろしいことに補助活用の「と」を除いて断定のたりと全く同じ形で活用します。

 

たら・たり・たり・たる・たれ・たれと活用します。

 

つまり活用形だけでは断定も完了も区別できないことになります。しかも意味は「〜である」が断定に対し「〜した」と言うのが完了なので訳を全然違う形で捉えかねません。

 

では、どのように見分ければよいのでしょうか。

 

見分け方は接続に着目するだけで大丈夫です。具体的には、上にも書いた通り断定の助動詞「たり」は連体形、と完了の助動詞「たり」は連用形接続です。

 

例を挙げてみます。枕草子に『うつくしきもの、瓜にかきたるちごの顔』とあります。

 

ここに出てくる「たる」を考えてみますと、「かき」は「かかず」となるので四段活用の連用形です。ゆえに「たる」は連用形接続である必要があるので、完了の連用形接続助動詞「たり」となります。ちなみに訳は「かわいらしいもの、瓜に描いた子供の顔。」です。「瓜に描くに違いない」と言う断定ではありません。

 

助動詞「たり」のまとめ

いかがだったでしょうか。意味の見分けも問題とならないため、完了の助動詞「たり」との識別についてしっかりと頭に入れておきましょう。

実際に問題を解いてみよう!!

前回までの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました