個別指導のデメリット

教員の日々
スポンサーリンク

授業と言えば集団授業と個別指導の二つがありますよね。そして、一般に個別指導は生徒一人ひとりに学習レベルに沿った指導をして学力を向上させることができる、というイメージを持っていませんか?

 

そのイメージは正しい側面もありますが、今回はそれよりも個別指導についてあまり知られていないマイナス点について私の経験や受験業界の常識に基づいて語りたいと思います。もちろん、個人的見解ではありますが、教育業界に身を置いていて肌感覚で感じていることです。

 

スポンサーリンク

個別指導のデメリット

個別指導で、デメリットと言えば大きいのが料金がトップにくると思います。

 

実際、小学生の平均価格相場は、週1回だと10,000円~13,000円前後で、中学生の平均価格相場は、週1回だと11,000円~14,000円前後、週2回だと24,000円~28,000円前後、週3回だと30,000円台半ばが平均価格相場となります。

 

高校生も高校2年生や3年生の料金が少し高めですが、そこまで大きな差はなく、週1回だと16,000円~18,000円前後、週2回だと30,000円台前半、週3回だと40,000円台~50,000円前後が平均価格相場です。

 

つまり、個別指導塾を利用すると年間で10万円から60万円近く最低でもかかるということです。なおこれには教材費であったり、講習用の料金は別に除いているので、それらを含めると年間100万円以上がかかることもザラです。

 

ただ、私は料金以上に個別指導では本当のデメリットがあると考えています。それは、教師の質があやふやであるという点にあります。

 

貴重なお金を支払う以上に問題なのは教師の質です。高いお金を払っても生徒一人ひとりの学力が向上するのであればまだいいです。

 

しかしお金だけ払われて成績が向上しないというのは本当に最悪です。しかもこの状況はかなり現実としてある、といえます。

 

そして、現在、個別指導塾の問題点は顧客である生徒が多数いるのに対し教員数が圧倒的に不足しています。

 

理由としては     

・個別指導の講師の時給が他の飲食業と比較してそれほど高額でなくなった
・指導力のある教員は集団授業にいく傾向がある

 

などが挙げられます。

 

そこで、安く使えて時間がある学生を大量に採用するのですが、あまり厳格に試験をすると試験にクリアできない学生が多く出てしますため簡単な問題で採用試験をする個別指導塾のケースが増えています。中には試験すらせずに登録だけで採用するケースもあります。

 

もちろん、一部の採用試験のしっかりとした個別塾もありますが、そういう塾は料金面でかなり高額で強気な料金設定となっています。

 

では、質の悪い教師かどうかどうやって判断するのでしょう。以下、簡単にまとめてみます

 

質の悪い教師の特徴

もし、授業を受けている生徒が以下のことを言い出したら危険サインです。

  • ①先生の言っていることが分からない                    
  • ②生徒を放って寝てしまう                        
  • ③先生の言っていることが面白くて楽しい

これは、実際にあった生徒の発言です。ひょっとしたら①②は理解できるけど③はちょっとと思われる方、多いと思います。しかも、先生としてマズイ順は③②①の順なのです。

 

①は当然、その生徒の学力レベルにあってない指導をしているのでよくない教師といえるでしょう。ただし、もう少しレベルを下げるようにお願いすれば解決可能なので、実はそれほど悪くない教師です。

 

②の寝ている教師ですが、実際個別指導で生徒に問題を解かせている間手持ち無沙汰になり寝てしまう教師はそこそこいるようです。これもやはり、生徒が問題をとく様を見るようお願いすればいいのでそれほど悪くはありません。

 

実は、③授業が楽しくて面白い

 

これが一番の害悪なのです。生徒が授業が楽しいと言っているのは、ただ単に話が面白かったり生徒の好きなように授業を阿っている可能性が高いのです。

 

つまり、一方的に面白い話だけをして、生徒に勉強をさせていない可能性があります。多少の面白さは必要ですが、勉強嫌いの子供が授業が面白いと言い出したら勉強をさせていない可能性があります。なぜなら、勉強の習慣がついていない子は勉強を面白く継続する体力がついておらず通常は面白くないという筈だからです。

 

しかも、個別指導だと様子がその生徒のみからの情報になってしまい本当にいい教師か悪いか判断つきかねる点が怖いとこです。

 

良い個別教師か見分ける点

 

では、良い教師か見分ける点ですが、簡単な方法を教えましょう。

 

それは、子供に授業の内容を聞いてみる

 

これだけで、いい個別指導教師が揃っているかわかります。良い個別指導教師とは生徒に勉強をさせる教師です。

 

そして、その内容を理解させて帰宅させるので、子供が内容を理解していない場合、親に説明ができません。内容を理解していたら説明が可能です。

 

是非とも家庭内で実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました