【大学受験の古文】古文単語の問題(その1)

入試によく出る古文問題

avatar

K先生

みなさん、こんにちは。古文単語の問題を始めます。

 

avatar

たかし君

古文、嫌なんだよなぁ。言っていることが分からないし。

 

avatar

K先生

確かにね。ただ、基本となる単語の数は英語に比べて圧倒的に少ないから単語の暗記が大事ね。あとは、助動詞なんだけど助動詞については下のリンクチェックね

 

avatar

たかし君

しんどいけどするかぁ!

 

avatar

K先生

そう、その意気!!レッツファイト!!

 

赤字で記載された「 」内の古文単語の適切な意味を答えなさい。

 10%

1.

「失せ」たまひにし御息所の御かたちに似たまへる人を、(源氏物語)

 

2.

何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ「本意」なれと…(徒然草)

3.

この童、鼻を嚔むとて「そばざま」に向きて鼻を嚔るほどに、(宇治拾遺物語)

4.

尼ぜ、われをば「いづち」へ具して行かんとするぞ。(平家物語)

5.

妻戸を、「やはら」、かい放つ音すなり。(堤中納言物語)

6.

あかねさす日に向かひても思ひ出でよ都は晴れぬ「ながめす」らむと(枕草子)

7.

「内裏」にも、見るは、いとせばきほどにて、(枕草子)

8.

出でて見よ。「例ならず」いふは誰ぞ(枕草子)

9.

「ひがごと」せんとてまかる者なれば、いづくをか、刈らざらん」(徒然草)

10.

夜鳴かぬも「いぎたなき」ここちすれども、(枕草子)


 

 

【大学受験の古文】古典文法の識別問題(らる・べし・む・まじ)10問

コメント

タイトルとURLをコピーしました