【受験の英文法】受験に役立つ英語基本文型の問題(10問)

みなさん、こんにちは。勉強は進んでいますか?今回は英語の基本文型を意識してもらうためにセンター試験から間違えやすい文型の問題を厳選して問題を作成しました。

 

実際に、出題された問題であるのでやり込むことで正解率が上がり学力も向上すると思います。和文英訳、英文和訳、語彙補充問題をバランスよく作成しています。

 

10問ですが、解き直すことで問題が異なりますので是非やり込んでください。ちなみに8点以上取得できると「〇〇」という称号がゲットできます。是非とも友達に教えつつ問題を解いちゃおう!!

 

1.When it (           ) technology,he knows anything.(センター95②改) 
2.彼がいつ返してくれるのかと思っている(センター94②) 
3.If we (          ) what we should do from him, web will succeed.(センター94②改) 
4.I lived in China for three years when I was a child.(センター98②) 
5.She (          ) there when I entered the shop. (私が店に入った時、彼女はそこにいたに違いない)(センター04⑤改)
6.もし明日までに注文した本が届かなければ、お知らせください(センター試験より) 
7.He spoke as though he (          ) all about it.(彼はまるですべて知っているように話した)(センター01②改)
8.The train had arrived when I reached the platform. (センター16②) 
9.Children (            ) by parents left for China. (親に育てられた子供は中国へと向かった)(センター試験より)
10.It was not (           ) she finished her work.(彼女はすぐに仕事を終えた)(センター94⑥改)

 

 

前回の英語の学習するための記事「【大学受験の英文法】動名詞・不定詞の問題(その1)」はこちらです。まだ解いたことがない人は是非とも一度解いてみてください。動名詞、不定詞の復習が一気にできますよ。センター試験及び私大レベルの問題が出題されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました