ローマ時代のキリスト教に関する入試問題を集めました

みなさん、こんにちは。

 

今回は、混乱しやすいローマ時代のキリスト教についての入試問題を集めてみました。意外と出題されて落とす人がいるので注意です。しっかりと問題を解いて見ましょう。

 

キリスト教関連の問題を集めました。適切なものを選びましょう。

1.

キリスト教世界の発展に関する記述として正しいものを選びなさい。(南山大)

現在1問目。問題数は10題です。

2.

正しいものを以下の中から選びなさい。(獨協大)

現在2問目。問題数は10題です。

3.

初期キリスト教の伝道活動について明白な誤りを含む文章を選びなさい(早稲田ー法)

現在3問目。問題数は10題です。

4.

初期のキリスト教徒が礼拝に用いた地下墓所の名称を選びなさい。(南山大)

現在4問目。問題数は10題です。

5.「キリスト」は救世主を意味する(     )語に由来する(南山大)

現在5問目。問題数は10題です。

6.

「背教者」と呼ばれたローマ皇帝を選びなさい。(南山大)

現在6問目。問題数は10題です。

7.

キリスト教に関する次の記述のうち,誤っているものをひとつ選びなさい。(成蹊大)

現在7問目。問題数は10題です。

8.

キリスト教の発展に関する出来事が古い順に並んでいるものを選びなさい。(南山大)

現在8問目。問題数は10題です。

9.

中世のローマ=カトリック教会に関する出来事a~cが起こった順序として最も適当なものを一つ選べ。(佛教大)

a.教皇レオ3世はカール大帝(シャルルマーニュ)にローマ皇帝の帝冠を与えた

b.教皇グレゴリウス1世はゲルマン人へ熱心に布教した。

c.ギリシア正教会と相互に破門し、東西教会は分裂した。

現在9問目。問題数は10題です。

10.帝政末期にキリスト教の正統教義の確立に努めた人物は誰か(京産大)

現在10問目。問題数は10題です。


 

いかがでしょうか?

 

しっかりとできたでしょうか?ローマ時代のキリスト教について「帝政ローマ:カエサル以降:パクス・ロマーナも解説【世界史B】」にまとめてみましたので、流れがわからない人は是非とも参考にしてみてください。

帝政ローマ:カエサル以降:パクス・ロマーナも解説【世界史B】第五回
こんにちは。今回も受験生に役立つシリーズをはじめます。今回のシリーズ第5回は古代ローマの続きをお話しします。。今回は帝政ローマについてお話します。 内乱の1世紀を終わらせ、帝政ローマを始めたのはアウグストゥスでした。帝政ローマ...

 

また、キリスト教の通史について流れをまとめた記事「ローマ時代から宗教改革までのキリスト教の歴史をまとめました【世界史B】」があるのでこちらもどうぞ。

ローマ時代から宗教改革までのキリスト教の歴史をまとめました【世界史B】
みなさん、こんにちは。世界史の受験で宗教関連が出題されるのはご存知だと思います。 しかし、各時代に「キリスト教」関連の問題が出題されるのに対し、キリスト教の歴史をひとまとめに解説している記事はあまりありません。 ...

 

さらに、より詳しくローマ時代のキリスト教について知りたい人は塩野七生『ローマ人の物語 (14) キリストの勝利』がおすすめです。

 

しっかりと復習をして入試に臨みましょう。

 

S先生
S先生
過去問で出題された問題は形式を変えて他大学にも出題されやすいのでしっかりと復習をしましょう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました