高校英語の比較のクジラ構文を解説!原級・比較級で最上級に書き換えも解説!【英文法】

比較

みなさん、こんにちは。今回は英文法の比較の単元の構文の続きクジラ構文(no more~ than = not any more than)を解説します。また、比較の応用知識である原級や比較級を使って最上級を表現したり、言い換え、書き換え問題に対応する方法を勉強します。

 

例えばthan any otherやnot as ~as はどんな言い換えができるかご存じでしょうか…。比較の構文は他の言い回しに言い換えることができるものが多く、それだけ書き換え問題等、試験にも出やすいので例文をみながらしっかり理解していきましょう。

 

比較級の基本から学びたい人は「 高校英語の比較級の問題を総合解説!(prefer toやsenior toなどの比較表現や倍数表現も含む)【英文法】」前回の比較の構文・慣用表現を復習したい人は「高校英語の比較 重要構文・慣用表現を解説!(no more than, no less thanやas far as, as long asの違いなど)【英文法】」で確認してくださいね。

今回の記事を読んだらわかること・比較の構文いわゆる「クジラ構文」がわかる

・原級、比較級を使った最上級の表現(言い換え・書き換え)がわかる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

比較 クジラ構文とは(no more… than, not any more than)

俗にクジラ構文と呼ばれる構文がありますが、これはたとえにクジラが良く使われるからです。早速例文を見てみましょう。

 

・A whale is no more a fish than a horse is (a fish).
馬が魚ではないのと同様にクジラも魚ではない

 

[ A no more …than B ]は「Bが…でないのと同様にAも…でない」という意味です。

前回学んだno more thanと見分けるコツは、no more than がくっついていたら「たったの~わずか~しか」の構文ですが、no more とthanの間に名詞が入っていればクジラ構文です。

 

比較で何度もお伝えしてきましたが、noが否定、moreが肯定なので、否定×肯定で否定の意味をあらわす文になりますのでその点も注意です。

 

そして今回も例にもれず、no moreの文がきたらno lessも一緒に覚えましょう。

・Kathy is no less a good singer than her sister is.
キャシーは妹と同様に歌を歌うのがうまいです

 

こちらはno否定、less否定で、否定×否定=肯定ですね。したがって、[ A noless …than B ]は「Bが…であるのと同様にAも…だ」という肯定文になります。

 

クジラ構文は受験の際の和訳問題で頻出ですので、ぜひ覚えて攻略しましょう。

 

原級・比較級を使って最上級をあらわす

言い換え問題や書き換え問題にもよく出ますので原級、比較級を使って最上級の意味をあらわす方法を確認しましょう。

 

no (other), any other 編

・Mt. Fuji is the highest mountain in Japan.
富士山は日本で一番高い山です。

 

◆原級であらわす [ No (other) +単数名詞…as + 原級 + as ]「Aほど~な…はない」

 

No (other) mountain in Japan as high as Mt. Fuji.
日本には富士山ほど高い山は無いです。

 

◆比較級であらわす① [ No (other) +単数名詞…比較級 + than  A ]「Aよりも~な…はない」

 

No (other) mountain in Japan is higher than Mt. Fuji.
日本には富士山よりも高い山は無いです。

 

◆比較級であらわす② [ A …比較級 + than any other + 単数名詞 ]「Aはほかのどの…よりも~」

 

・Mt. Fuji higher than any other mountain in Japan.
富士山は日本のほかのどのよりも高いです

 

nothing, anything 編

比較する対象が漠然とした物の場合は、no + 単数名詞ではなく、nothingを使います。

 

・Nature is the most beautiful of all things.
自然はすべての中で最も美しいです。

 

◆原級であらわす [ Nothing …as + 原級 + as  A ]「Aほど~なものはない」
Nothing is as beautiful as nature.
自然ほど美しいものはないです。

 

◆比較級であらわす① [ Nothing…比較級 + than  A ]「Aよりも~なものはない」

 

Nothing is more beautiful than  nature.
自然ほど美しいものはないです。

 

◆比較級であらわす② [ A…比較級 + than anything else ]「Aはほかの何よりも~

 

・Nature is more beautiful than anything else.
自然はほかの何よりも美しいです

 

比較の対象がはっきりしない物の場合、any other thing ではなく、anything elseを使います。

 

nobody, anybody 編

比較するものが漠然とした「人」の場合、any otherの代わりに nobodyかno oneを使います。

 

・My sister plays the piano (the) best.
私の姉(妹)はいちばん上手にピアノを弾きます。

 

◆原級であらわす [ Nobody(No one) …as + 原級 + as  A ]「Aほど~な人はない」
Nobody plays the piano as well as my sister (does).
私の姉(妹)ほど上手にピアノを弾く人はいないです。

 

◆比較級であらわす① [ Nobody(No one)…比較級 + than  A ]「Aよりも~な人ない」

 

Nobody plays the piano better than my sister (does).
私の姉(妹)よりも上手にピアノを弾く人はいないです。

 

◆比較級であらわす② [ A…比較級 + than anybody(any one) else ]「Aはほかの誰よりも~

 

My sister plays the piano better than anybody else.
私の姉(妹)はほかの誰よりも上手にピアノを弾きます。

 

比較の原級・比較級を使って最上級をあらわす(言い換え・書き換え)まとめ

今回は原級や比較級を使った最上級の表現について学びました。試験に頻出なのでしっかり覚えたいですね。

 

no, not, nothingが似ていたり、書き換えの際は主語に置いた言葉の位置が変わったり少し難しいですが、何度も復習して自分のものにしましょう。

また、 A no more …than Bのクジラ構文についても学びました。試験の和訳に頻出なのでこちらも理解を深めたいですね。前回構文・慣用表現で学んだ3つの語がくっついたno more thanとは訳が異なってきますので見極めをしっかりおこないましょう。

 

前回の構文・慣用表現を復習したい人は「高校英語の比較 重要構文・慣用表現を解説!(no more than, no less thanやas far as, as long asの違いなど)【英文法】」でおさらいしてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました