古代ギリシアからルネサンス期までの西洋の美術・建築史(出題頻度の高い絵画や画像も提示!)【世界史B】

文化史

こんにちは。今回は古代ギリシア、ローマからルネサンス期までの西洋美術・建築史についてまとめていきます。

 

古代ギリシア、ローマといった古典時代の文学や中世ヨーロッパやルネサンス期の美術・建築について、網羅的に整理することは受験において非常に有効です。特に、難関大入試では作品の絵画が頻出なので誰がどのような作品を作ったのかイメージを押さえておきましょう。

 

特に、絵画や著名な建築物については大学受験の頻出事項。しっかりと整理しましょう。

今回の記事のポイント・絵画で一番出題されるのはルネサンス。特にイタリアルネサンスに注目

・「最後の晩餐」と「最後の審判」を間違えないこと

農民といえばブリューゲル、宗教画ならエル=グレコが良く出題されます

・彫刻はミケランジェロとドナテルロが良く出題されます

・古代ギリシアの建築では、列柱の様式が良く出題されます

・古代ローマの建物は公共建築が中心

・教会建築はビザンツ様式、ロマネスク様式、ゴシック様式の違いに着目

・ブラマンテとブルネレスキ、どちらがサン=ピエトロ?サン=マルコ? 整理が必要

スポンサーリンク
スポンサーリンク

西洋の美術史

ヨーロッパ文化の根底にあるのは古代ギリシア・ローマの文化です。特にギリシアの文化はヨーロッパの人々に強い影響を与え続けました。古代ギリシャではフェイディアスの作品が出題されます。

(フェイディアス作:アテネの女神像)

紀元前130年頃に活動していた彫刻家、アンティオキアのアレクサンドロスが作者と考えられています。ミロス島で発見されたギリシア神話の女神アプロディーテー像とされています。

(ミロのヴィーナス)

キリスト教が重んじられた中世ヨーロッパでは、絵画や彫刻などはあまり発展せず、様式美が重視されます。

美術が一気に花開いたのはルネサンスの頃でした。

イタリア・ルネサンス期

イタリアでは14世紀のジョットを皮切りに、ドナテルロ、ダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどが百花繚乱のごとく名作を次々と生み出します。作品のイメージは持っておきましょう。早慶クラスだと絵画と作者と時代を問うことが多いです。

(ドナテルロ「ダヴィデ像」:wikiより)

ジョットの「聖フランチェスコの生涯」はアッシジの聖フランチェスコ聖堂にあり、28枚にも及ぶ連作壁画で、聖堂内の壁に沿って順序よく彼の生涯を描いています。そのフレスコ画1枚の大きさはなんと8畳もあるそうです

(ジョット「小鳥に説教する聖フランチェスコ」)

ボッティチェリはメディチ家のコレクションを鑑賞する機会があったことから、ギリシア・ローマ古典時代の大理石の彫像を連想させる作品を描いています。

(ボッティチェリ:ヴィーナスの誕生)

「春」はメディチ家からの依頼で作成したと言われています。

(ボッティチェリ:春(プリマヴェーラ))

レオナルド・ダ・ヴィンチは、ミラノにあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の食堂に「最後の晩餐」を描きます。フレスコ技法ではなく、乾いた漆喰にテンペラで描かれました。

また、ダ・ヴィンチと同時代の天才であるミケランジェロですが、「ダヴィデ像」や「最後の審判」が有名です。

(ダヴィデ像:wikiより)

下図はバチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂の祭壇に描かれたフレスコ画である「最後の審判」です。

(ミケランジェロ:最後の審判)

また、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに、盛期ルネサンスの三大巨匠といわれているラファエロです。彼は聖母子像を多く描きました。有名なのが「大公の聖母」です。

(ラファエロ:大公の聖母:wikiより)

周辺諸国の絵画

イタリアで生まれたルネサンスは周辺諸国にも広がりました。最初に広がったのは商工業が盛んなネーデルラント、現在のオランダやベルギーですね。

 

まず、覚えておくべきなのは、、初期フランドル派の画家ヤン・ファン・エイクです。合計3枚のオークのパネル(板)に油彩で描かれたパネル画である『アルノルフィーニ夫婦像』。精緻な油絵の始まりとして、西欧美術史で極めて重要視されている作品です。

(『アルノルフィーニ夫妻像』:wikiより)

また、同じネーデルラントのブリューゲルですが「農民の踊り」を描きました。本作において、ブリューゲルは単に農民の日常風景を捉え描いたのではなく、暴飲暴食や情欲に溺れる農民の姿や、怠慢や憤怒、虚偽を露わにする農民の姿や象徴を大きく取り上げ、道徳的な教えを描きました。

(ブリューゲル「農民の踊り」:wikiより)

他の地域と少し異なるのがカトリックを信仰する王権が強かったスペイン。スペインでは宗教画や宮廷画が盛んになりました。有名なのがエル・グレコとベラスケスです。

(エル・グレコ「オルガス伯の埋葬」:wikiより)

ちなみに、ベラスケスの『女官たち(ラス・メニーナス)』は筆者がどこから描いたか不明であるという謎に満ちた作品です。

(ベラスケス作「女官たち(ラス・メニーナス)」:wikiより)

西洋建築史

(サンタ・マリア大聖堂:wikiより)

現在でも、古代ギリシア・ローマ時代の建造物が数多く残されています。古代文明の栄華をしのぶそれらの建築は、現代人にも大きなインパクトを与えました。

 

建築といえば、古代ローマ。コロッセウムや水道橋の写真が出てきたら、ほぼ間違いなく古代ローマの建築ですね。公共建築が多いのも古代ローマの特徴です。

中世ヨーロッパでは、神に祈る場である教会を作る技術として建築が発達しました。ビザンツ様式はモザイク絵画、ロマネスク様式は重厚なたたずまい、ゴシック様式は天に延びる尖塔とステンドグラスが特徴です。

ビザンツ様式

ビザツ様式とは、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の勢力下で興った建築様式です。今日において正教会の聖堂、あるいはイスラム教のモスクとして利用されています。

 

下のハギア=ソフィア聖堂を見てみましょう。真ん中の聖堂が古くて、周囲のミナレットと呼ばれる細い尖塔は新しい感じがしませんか?

(ハギア=ソフィア大聖堂)

真ん中の聖堂は、元々ビザンツ帝国のユスティニアヌス帝がキリスト教の教会として537年に建築しましたが、オスマン帝国のメフメト2世がこの地を征服してイスラム式に変更しました。

 

聖堂の四隅に塔(ミナレット)がありますが、これはイスラム教の1日5回ある礼拝時間を告げるためのものです。ちなみに現在、ハギア=ソフィア聖堂は博物館となっています。

(サン・マルコ寺院:wikiより)

ロマネスク様式

ロマネスク様式とは直訳すると「ローマ風の」という意味です。

 

中世ヨーロッパではは「堕落し粗野になったローマ風の建築様式」という蔑称で、20世紀になって芸術的・建築的価値が評価されるようになりました。有名なのがピサの大聖堂とクリュニー修道院です。

(ピサの大聖堂)

(クリュニー修道院:wikiより)

ゴシック様式

ゴシック様式とは、西ヨーロッパの12世紀後半から15世紀にかけての建築や美術一般を示す用語です。

 

「ゴシック」という由来は、混乱や無秩序が支配する野蛮な様式だとして「ゴート族の様式」つまり「ゴシック様式(la maniera gotico)」から来ています。当時、ゴート族は滅んでいましたが、「ゴート族」という言葉にローマ帝国と古典芸術を破壊した蛮族という批判的な見方が含まれていました。

(ノートルダム大聖堂:wikiより)

(ケルン大聖堂:wikiより)

ルネサンス期

ルネサンス期でよく出題されるのは、バチカン市国のサンピエトロ大聖堂フィレンツェのサンタ=マリア大聖堂。どちらも、ルネサンス期を代表する建築といってよいでしょう。場所が混同しやすいので注意です。

 

ブルネルスキが建設したのがサンタ・マリア大聖堂です。

(ブルネレスキ:サンタ・マリア大聖堂:wikiより)

一方、1503年、教皇ユリウス2世に任じられて、ブラマンテはサン・ピエトロ大聖堂の建築主任となり、同時にバチカン宮殿の拡張に着手しました。バチカン宮殿が北に隣接してあります。

(ブラマンテ作サン・ピエトロ大聖堂:wikiより)

まとめ

美術史・建築史の分野は知識の整理がしにくい分野で。表を用いて、いつ、だれが、何を作ったのか、しっかりと整理することが求められます。

 

また、写真問題でよく出題される分野でもありますので、高校で使用している資料集などを使い、芸術作品と作者を一致されるようにしましょう。

 

ルネサンスのようにたくさんの作品がある場合は、なおの事、美術品と作者の一致が大事になってきます。しっかりと整理しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました