古文の助詞-接続助詞について【受験に役立つ古文】 

Not any, not a, no longer, no more, not either, neither, not both古典文法(助詞)

こんにちは! 今回の課題は助詞の中でも「接続助詞」です。

接続助詞は現代でもたくさんありますが、古文では現代語にはない接続助詞もいくつか出てきます。また、接続助詞を用いる時の法則をしっかり知ることで、古文の文脈をたどりやすくなります

普段の学習では、流して読んでしまいがちな接続助詞ですが、今回はその使い方や意味を丁寧に学習します。そうすることで、正確な現代語訳を書けるようになり、より古文を身近に感じることができるようになるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

接続助詞とは

接続助詞は助詞の種類の1つです。

助詞とは、活用のない付属語で、上にある語に意味を付け加える役割を果たします。他には格助詞、係助詞、副助詞、終助詞、間投助詞があります。

接続助詞は、主に活用のある語に接続して文と文のつながりを表すのに用います。

 

●ポイント●
接続助詞は、主に活用のある語につく。
接続助詞は、文と文とのつながりを示す助詞である。

接続助詞の働き

個々の接続助詞を見る前に、その働きを表す語の意味を確認しましょう。

確定条件

確定条件とは、「既にそうなっていること」です。
確定条件には、順接(予想される展開)と逆接(予想とは反対の展開)があります。

順接確定条件(~と、~ところ/~ので)
例)この子を見れ、苦しきこともやみぬ(この子を見る、苦しいことも消えてしまう)

逆接確定条件(~けれども)
例)呼べども、答へず(呼ぶけれども、答えない)

 

仮定条件

仮定条件とは、「まだそうなっていないこと」です。
仮定条件にも、確定条件と同じく、順接逆接があります。

 

順接仮定条件(もし~ならば)
例)人を殺さ、悪人なり。(もし人を殺すならば、悪人である)

逆接仮定条件(たとえ~としても)
例)花散りぬとも良し(たとえ花が散ってしまっても良い)

 

単純接続

単純接続は、単純に接続したものです。現代語訳では「~て」と、現代語と同じように訳します。例)言葉など教へ、書かせ奉り給ふ(言葉などを教え、お書かせになる)

 

打消接続

打消接続は、打消しの意味を添えて接続します。これを見誤ると、文意が逆になってしまいますから、注意しましょう。
現代語訳では「~ないで」と、打消しの意味を添えて訳します。

例)雨降ら、風も吹かず(雨が降らないで、風も吹かない)

 

●ポイント●
「確定/仮定」「順接/逆接」「単純接続」「打消接続」などの語の意味を説明できるようになろう。

主な接続助詞の用法

それでは、主な接続助詞の用法を見ていきましょう。
それぞれどの活用形に接続するかどのように訳せばよいのかをしっかり覚えていくことが大切です。

「ば」

接続助詞「ば」には2種類あります。上にある活用形に注目し、用法を見分けます

順接仮定条件  未然形 + ば(もし~ならば)
例)雨降ら、我行かじ(もし雨が降るならば、私は行くまい)

順接確定条件  已然形 + ば(~と、~ところ、~ので)
例)いと幼けれ、籠に入れて養ふ(とても幼いので、籠に入れて育てる)

 

●ポイント●
接続助詞「ば」の見分けは、上にある活用語の活用形がポイント!

「ど」「ども」

接続助詞「ど・ども」は、「已然形 + ど・ども」の形で、逆接確定条件を表します。「~けれども」と訳します。

例)文を書きてやれども、返りごともせず(手紙を書いて出すけれども、返事もしない)

 

「と」「とも」

接続助詞「と・とも」は、「終止形 + とも」の形で、逆接仮定条件を表します。「たとえ~としても」と訳します。(形容詞の場合は、「連用形 + と・とも」の形になります。)

例)花散りぬともよし(たとえ花が散ってしまったとしても良い)

 

「て」

接続助詞「て」は、活用語の連用形に接続して、単純接続の意味を表します。現代語でもおなじみの使い方なので、分かりやすいですね。

例)まづ酒を勧め、強ひ飲ませたるを(まず酒を勧め、無理に飲ませようとすることを)

 

「で」

接続助詞「で」は、活用語の未然形に接続して、打消接続の意味を表します。これは、現代語にはない使い方ですから、しっかり覚えましょう。訳は「~ないで」です。

例)月も出で闇に暮れたる(月も出ないで、闇に暮れている)

 

ものの・ものを・ものから・ものゆゑ

接続助詞「ものの・ものを・ものから・ものゆゑ」は、それぞれ一語であり、活用語の連体形に接続して、逆接確定条件を表します。ごくまれに順接で用いられることもありますから、しっかり文脈を読むようにしましょう。

例)さばかり聞こえしものを、さも心にかなはぬ世かな
(あれほど申し上げていたのに、こうも思うようにいかない仲なのか)

 

《練習問題》

次の下線部の接続助詞に注意しながら、現代語訳しよう。

1、用ありて行きたりとも、そのこと果てな、とく帰るべし。
2、一日に一度見はあるまじとて
3、親のあはすれども、聞かなむありける。

 

《解答》

たとえ用があって行ったとしてももしそのことが終わったならば、すぐに帰るのがよい。
一日に一度見ないではいられないといって
親が結婚させようとする、承知しないでいた。

 

まとめ

接続助詞は、古文の文脈をたどる時に、とても大切なガイドをしてくれる単語です。丁寧に意味などを覚え、しっかり使えるようにしましょう。終助詞を含め古典文法をきちんと勉強したい人は「岡本梨奈の 1冊読むだけで古典文法の基本&覚え方が面白いほど身につく本」がおすすめです。この1冊だけでかなり力がつきますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました