古代オリエントについての入試問題を集めました【世界史B]

世界史Bの問題演習

みなさんこんにちは。

 

今回は、古代オリエントについての入試問題を集めました。クイズ用に一部改変しているところもあります。

 

古代オリエントは、メソポタミアから始まりエジプト、ヒッタイト、アッシリア、アケメネス朝ペルシアと範囲が広いですが、その割に設問の難易度はそれほど高くありません。

 

たなか君
たなか君
出題範囲自体がそれほど難しいものを出題しづらい場所だったりするからですかね。

 

とりあえず、ここ最近の古代オリエントの入試問題を集めました。10題問題がランダムに出題されますので短時間ででき、かつ問題も繰り返すごとに変わります。

 

それでは早速やってみましょう!

古代オリエントに関する問題です。メソポタミアからアケメネス朝ペルシアまでの範囲です。問題文を読んで適切に回答をしてください。

1.

エジプト新王国時代に関する記述として誤りを含むものはどれか。(関西学院2月1日)

現在1問目。問題数は10題です。

2.古代バビロニア(バビロン第1王朝)に関する記述として誤りを含むものはどれか(関西学院大2月1日)

現在2問目。問題数は10題です。

3.新バビロニアを滅ぼしユダヤ人に帰国を許した国の名前として正しいものを選びなさい(聖心女子)

現在3問目。問題数は10題です。

4.アケメネス朝ペルシアのダレイオス1世と関係ないものはどれか(京都産業大学)

現在4問目。問題数は10題です。

5.a,bに入るものを選べ。

前19世紀頃, ( a ) 人がバビロン第1王朝をおこし、ハンムラビ王のときに全メソポタミアを支配した。王は、ハンムラビ法典を発布し法に基づく政治を行った。バビロン第1王朝はしばらく続いたが、(  b     )人によって滅ぼされた。(大阪経済大学)

現在5問目。問題数は10題です。

6.

ゾロアスター教に関する記述として、誤りを含むものはどれか。(関西学院−2月3日)

現在6問目。問題数は10題です。

7.バビロン第6代王ハムラビ王に関する説明として最も適切なものを以下から選べ。(大阪経済大学)

現在7問目。問題数は10題です。

8.

エジプトに関する記述として,誤りを含むものはどれか(関西学院ー2月1日)

現在8問目。問題数は10題です。

9.問:空欄に入る語句を記入せよ。

前1000年ころに、ヘブライ人は王国を建設し、ダヴィデ王とその子 王のもとで繁栄していたが、王の死後に,南北ふたつの王国に分裂した。(早稲田ー文)

現在9問目。問題数は10題です。

10.この宮殿に火を放ち、この宮殿がかつてあった国を滅ぼした人物は誰か?(上智)

現在10問目。問題数は10題です。


 

 

どうでしたか?8割取れない人は勉強不足なので繰り返し解いてみましょう。

 

詳しい内容はアジア史【古代・中世】をみるといいでしょう。

アジア史【古代・中世】
「アジア史【古代・中世】」の記事一覧です。

 

また、より詳しくは「これならわかる!ナビゲーター世界史B 2 アジア史古代~18世紀の徹底理解 」もあわせて読むことをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました