【受験の英文法】受験に役立つ空欄補充問題(時制)[10問出題]

入試によく出る英語

みなさんこんにちは。英文法の空欄補充問題をやってみましょう。今回は、時制の問題についてみていきます。この問題の底本はセンター試験20年分から集めて行いました。

 

時制の問題については、別途、リスニング問題も作成しましたので、是非そちらも解いてみてください。詳しくは「【受験の英文法】受験に役立つリスニング(時制問題)[10問出題]」に書いてます。

 

時制の問題は英語学習で一番最初に出てくると共にそこそこ難しい内容なのでしっかりとできる必要があります。しかも、頻出の問題なので、是非とも取り組んでください。新共通テスト並びに私立大学の入試で頻出が相当予想されます。

 

きちんと満点取れるよう訓練しましょう。適切なものを選べるか、レッツトライ!!

次の英文をみて空欄に入る適切な選択肢を選びなさい

 10%

1.

My sister insisted that I (          ) the problem by myself.(センター07⑤)

2.

When it (           ) technology, he knows anything.(センター95②改)

3.

To my surprise, he is(          ) buy such an expensive bag.(センター16⑤本改)

4.

Children (            ) by parents left for China. (親に育てられた子供は中国へと向かった)(センター試験より)

5.

It was not (           ) she finished her work.(彼女はすぐに仕事を終えた)(センター94⑥改)

6.

She (       ) there when I entered the shop. (私が店に入った時、彼女はそこにいたに違いない)(センター04⑤改)

7.

I did what I (            )was right.(自分が正しいと思うことをした)(センター試験より)

8.

He spoke as though he (          ) all about it.(彼はまるですべて知っているように話した)(センター01②改)

 

9.

If we (           ) what we should do from him, web will succeed.(センター94②改)

10.

We will make progress when we(          ) this project.(センター95③改)


 

いかがだっただでしょうか?しっかりと取れましたか?満点を取れるまで何度も繰り返し解いていきましょう。また、問題を解くのに単語が分からないとかなれば、単語はしっかりとできるようになりましょう。

 

オススメの単語帳はこちらを参考にしてください。3冊ほど紹介します。

まず、「システム英単語」は高校生でかなり多く使われている単語帳ですね。最近、新版が出版されましたが、新版はTOEICとか重視のものでしてこの機会に買いなおしてもいいかもしれませんね。

 

次におすすめの単語帳は、ターゲット1900ですね。これも定番の単語帳ですね。私も高校生時代使用していたものです。シス単はミニマルフレーズでの暗記となりますが、こちらは単語単体での暗記を重視したものですね。

 

最後は、鉄壁ですね。鉄緑会の英語主任が監修のすごい単語帳です。まず、すごいのが、語源が事細かく載っていて単語勉強が面白いという点があります。次に、図が中途半端に上手(?)なので、イメージに残りやすい形です。中途半端というのは、うま過ぎず下手すぎずでなんとなく記憶に残りやすい形でのものです。最後に、この単語帳に問題が添付してあるというのもありがたいです。単語は結局アウトプットが大事なので練習問題がついているのはありがたいです。

 

いかがですか?しっかりと勉強して合格を掴み取りましょう!!

以前のテストはこちら

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました